ひどい虫歯になってしまって、歯医者から「インプラント」という方法がありますよ。

と言われた時に、どうすべきか。いくらお金かかるのか。

 

そんな問いに、実際に経験した立場から、インプラントにかかる実際の費用や、医療費控除のやり方、実際にどのくらい戻ってくるのか。について、歯医者側ではない経験者としての意見をまとめています。

 

また、インプラントをやるべきなのか、そうではないのか。やる場合はどこでやるのか、

私が収集した情報や、私の場合、どうだったのか、

やることになった経緯や決める過程、やった後のその後などを具体的に紹介します。

 

是非、後悔のしない納得のいく治療をしてもらえればと思います。

 

インプラント歯科治療にはどのくらいお金がかかるの?

インプラント歯科治療は、健康保険が適用されない自由診療の範囲となってしまいます。

通常虫歯になった場合にかぶせる銀歯の治療は保健適用内であるため、通常のサラリーマンなどは治療費の3割しか負担しておりません。

例えば、虫歯の治療費として1,000円請求された場合、実際に要している治療費は3,300円程度です。

3,300円のうち3割の1,000円が消費者の負担で、残りの7割2,300円は健康保険から支払われるています。

 

この健康保険で適用される治療法というのは厳密に決められており、インプラントについては、現時点では含まれておりません。

歯科医院の自由診療により、顧客と合意の上提供することができるようになっています。

妊娠して子供を出産する際も健康保険の適用外ですね。(ただし、保険外での補助が別途ありますね)

 

また、この自由診療については、歯科医院が自由に金額を決めて良いことになっています。

よって、歯科医院によって、金額は異なることになります。

 

ですので、インプラント費用 とインターネットで検索すれば、広告では数万円のものから数十万円のものまで出てきます。

私の場合ですが、ズバリ、40万円かかりました。(幾つか選択肢から選択しました)

どのようにインプラントを選択したのかは、口述します。

しかし、決して安くはない金額で様々な選択肢がありますし、

絶対に失敗できない自分の体の一部の手術です。また、歯は毎日使う生活に重要な機能です。

安易に決めずによく考えて決める必要があると思います。

 

健康保険の適用外、とは説明しましたが、「医療費」ではありますので、医療費であることには変わりがありません。

通常のサラリーマン家庭であれば、年間10万以上の医療費利用があれば、還付金が発生することになります。

ですので、インプラントを実施した場合は忘れずに確定申告を行い、還付金を受け取ることが重要です。

 

まとめると、

  1. インプラント治療は健康保険が効きません。
  2. ですので非常に高額です。医院に寄って多少異なりますが、1本40万円程度かかります。
  3. ただし、医療保険控除で確定申告手続きを行えば、毎年払っている税金から返還(還付)が受けられます。

スポンサーサイト


本当にインプラント歯科治療をやる必要があるか?

健康保険が効かず、それなりの費用がかかります。本当にインプラントで治療すべきなのか?

最適な治療なのか?非常に迷うところだと思います。

 

通常歯医者からインプラントを進められる際には、以下の選択肢があると思います。

私自身もそうでした。

 

  1. 抜歯(してそのまま放置)
  2. ブリッジ治療
  3. インプラント歯科治療

それぞれのメリットデメリットは以下の通りです。

対処法 メリット デメリット
1.抜歯
  • 最も安価な治療
  • 歯が無くなるので、食事が不便になる。
  • また前後の歯への悪影響がある可能性がある。」
  • 噛み合わせの歯も上から落ちてくる。
2.ブリッジ治療
  • 保険が適用できるため金額は安価(とはいえインプラントの5割ー7割程度要する)
  • 治療が早い
  • 虫歯の前後の健康な歯も削って銀歯をつける
  • 食べカスがたまりやすくきちんと歯を磨き清潔に保つ必要がある
  • 中長期的に、前後の歯も虫歯になってくると治療が不可能となる
  • メンテナンスが必要
3.インプラント歯科治療
  •  特に他の歯を傷つけることなく治療が可能
  • メンテナンスはほぼ不要(3ヶ月に1回程度は定期検診を受けることがお勧め)
  •  保険が適用できないため金額た高い
  • 手術が必要となり、治療に時間がかかる。

 

 

いかがでしょう?

この話だけ聞くと、まず抜歯して放置ということはありえないと思います。

インプラント治療がメリットがあるように思います。

しかし、インプラント治療の金額は上述の通り、とても高額です。ブリッジは保険が適用されるため、非常にリーゾナブルです。

 

また、昔は銀歯のブリッジが多かったようですが、今ではセラミックの普通の歯と見分けがつかないような綺麗なブリッジも可能になっているようです。

 

私の場合は、ただでさえ、虫歯の多い私ですので、他の歯をなるべく健康なまま残しておきたい。

とともに、食べカスが溜まりやすい。という点がとても気になりました。

昔から、虫歯も多いのですが、口臭にも悩まされていたためです。

 

こうして、私は悩んだ末に、ブリッジ治療ではなく、インプラント治療にしようと決めたのです。

 

 

なお、実際にインプラントを適用した後ですが、非常に満足しています。

全く違和感なく、自分の歯として使えている点、また定期検診は3か月に一度とのことでしたが、最初こそきちんと行っていたものの、最近では1年に一回程度になっています。それでも全く問題は起きていません。

また、定期検診時に、歯のクリーニングをしてもらうことで、多少お金はかかりますが、結果的に虫歯になる頻度が大きく減っています。

 

 


スポンサーサイト


ブログ(直近の投稿)

深刻な虫歯の対応。選択肢は3つ。。。

20代にもかかわらず、ついにかなり深刻な虫歯ができてしまった私。

 

歯医者から提示された治療方針は以下の3つでした。

 

  1. 抜歯してそのまま
  2. ブリッジ
  3. インプラント

当然、それぞれメリットデメリットがあります

 

続きを読む 0 コメント

深刻な虫歯ができてしまう。。いつもとは一味違いました。

昔から虫歯が多く、悩まされていた私ですが、ついに奥歯を抜かなくてはならないくらい虫歯が悪化してしまいました。

 

このブログはその虫歯との闘病記です。

 

と大げさに書いていますが、

実際の治療日誌やよくわからない歯の病気についてやよくわからない治療方法について書いていこうと思っています。

 

さて、昔から虫歯が多かった私は歯医者に行くのも慣れっこでいつも通り削って銀歯を作って、被せて。。と思っていました。

しかし、今回はどうも深刻そう。歯の根っこにまで虫歯が奥に入ってしまっているようです。

レントゲンを見た歯医者さんもかなり悩ましい顔をしていました。

でも私は昔から虫歯が多いです。同じようなことがありました。

左の親不知の歯が虫歯になった時にも根っこまで虫歯が浸透してしまっているようで、その際には、何回も奥歯の虫歯を治療してもらうということをしました。

 

あー今回もまたそれかー。と思っていた私は甘かった。。

 

歯医者から言われたことは。。

続きを読む 1 コメント

スポンサーサイト


最近のツイート

スポンサーサイト